UA-122228793-1
相続手続きについて

相続手続きの流れ

相続手続きは一生のうち何度もあることではありません。

しかし、悲しみや疲労が癒える間もなく、いくつもの相続手続きを行わなければなりません。
相続手続きは、数年ごとに変わる法律や制度に対応しなければならず、期限が決まっているものも多くあります。
手続きが遅れてしまうと滞納税がかかったり、減税の優遇規定が受けられなかったりしますので、注意が必要です。
ここでは相続の流れと、相続に関わる専門家についてご紹介します。


相続の全体像

相続とは、亡くなった人の配偶者や子などが遺産を引き継ぐことです。

相続人とは、遺産を引き継ぐ者。
そして被相続人とは、亡くなった人のことをいいます。
一般的には、戸籍に記載された死亡日が死亡のときと推定され、死亡日が相続がスタートする日です。
相続が発生した場合の次の流れをご覧ください。

相続税の申告まで相続発生から10ヵ月あります。
時間的に余裕があるように見えますが、思いのほか多くの事務手続きがあり、案外短いものです。
段取り良く進めていかなければなりませんので、事前の対策や準備、遺産の名義変更も含めて、専門家にご相談ください。


相続の専門家

相続にはいろんな専門家がいるので、どこから相談をするべきか悩んでしまいます。
各専門家の特長をまとめた次の表をご覧ください。

税理士にしかできないこと。弁護士にしかできないことなど、いろいろと複雑に感じるかもしれません。
しかし、ワンストップ・サービスを提供する専門家に相談すると、ネットワークが充実しているため、時間と費用を抑えることができます。
そして相続に特化した専門家は、多くの実績・事例を持っているため、相続を安心して進められます。

→「死亡後の手続き」へ

記事元:相続・贈与相談センター福山支部

相続トラブルパターンBEST3

「相続」が「争族」になる原因は様々ですが、代表的なパターンが3つあります。
当てはまる方は事前対策を取ることで、相続トラブルを未然に防ぐことができます。
もしかすると、あなたも相続トラブル予備軍かもしれませよ?

事例①「子どものいない夫婦の落とし穴」を視聴する

コメントを残す

*