UA-122228793-1
相続税について

相続税 ~相続とは?~

相続税は、

相続によって財産を取得したすべての人に課税されるものではありません。

課税の対象は、相続財産をある一定額以上相続した場合のみ発生することになります。

また課税の計算の際、相続人の関係性、現在の状況によって税額控除が適用されることもあります。
相続税の前に『相続』について、分かりやすく解説します。


相続とは?


相続とは、亡くなった人の配偶者や子などが遺産を引き継ぐこと。

相続人とは、遺産を引き継ぐ者。そして被相続人とは、亡くなった人のことをいいます。

相続をする
そもそも相続はいつから始まるものなのでしょうか?

相続は人が亡くなることによって始まります。
一般的には、戸籍に記載された死亡日が死亡のときと推定されるので、死亡日が相続がスタートする日です。

このスタート日は、後々重要となりますので、正確に覚えておいた方が良いでしょう。
また節税が可能なそれぞれの特例などは、期日が決まっているため、ゆっくりして提出日が過ぎてしまった、ということがないように注意が必要です。

相続人は、相続が始まったときから、亡くなった人が残した財産や債務の一切を承継します。


相続できる人が決まるまで


「誰が相続人か?」と言い争いを避けるために、
法律で「相続できる人」が定められています。

この相続できる相続人のことを、民法では「法定相続人」と呼びます。
法定相続人は、大きく分類して2種類。配偶者(婚姻の相手)と血族相続人に分けられます。

最初に、被相続人の配偶者は、常に相続人になれます。
そして婚姻の期間は関係なく、例えば結婚して1カ月後に被相続人が亡くなったとしても、相続人となることができます。

配偶者の他に相続人となるべき人がいない場合、配偶者だけが相続人となります。

被相続人(過去に離婚経験あり)の元配偶者は、相続人となることができません。
ただ元配偶者との間に子供がいた場合、子供は相続人になります。

また配偶者とは、民法で決められた被相続人の夫や妻であって、内縁の夫や妻(愛人)は該当から外れます。

法定相続人になれる”順位”が、血族相続人には決められています。

子は、「嫡出子(ちゃくしゅつし)」と「非嫡出子」に分類されます。

「嫡出子」は、婚姻関係にある男女の間に生まれた子ども(実子)と養子を指します。
「非嫡出子」とは、法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子です

非嫡出子が相続人となるには、父子関係の場合、父親が認知した子供だけとなり、これは遺言によっても行えます。
一方、母子関係の場合、分娩したという事実を証明することが必要となります。

←「遺留分とは」へ
→「相続税の納税について」へ

記事元:相続・贈与相談センター福山支部

相続トラブルパターンBEST3

「相続」が「争族」になる原因は様々ですが、代表的なパターンが3つあります。
当てはまる方は事前対策を取ることで、相続トラブルを未然に防ぐことができます。
もしかすると、あなたも相続トラブル予備軍かもしれませよ?

事例①「子どものいない夫婦の落とし穴」を視聴する

コメントを残す

*