UA-122228793-1
遺産分割について

円満な遺産分割

円満な遺産分割を行うためには事前にやっておくべきでしょう。


一般に相続対策と呼ばれるものに次の3つが挙げられます。

1.円満な遺産分割

遺産分割を争いなしでとり行うため、相続が開始する前から推定相続人の関係が良好であることが重要となります。

遺言書の作成も有効です。 遺言というと「財産を当てにしているようで何だか…」「縁起でもない…」と何かと敬遠されがちです。
しかし、遺言書は本人の意思が尊重されるもので、その意思と財産を受け継ぐ相続人たちにとって必要と言えるでしょう。

2.相続税の納税資金の確保(準備)

相続税として納める現金を確保することは、相続税対策の中で最も重要なことでしょう。
相続が発生するとすぐに納税資金を用意しなければなりません。
不動産をいくつも所有する地主さんなど、資産家の方ほど困ってしまうのです。

事前に対策をしておくと、例えば保険金を相続税の納税資金に充当することが可能です。

3.相続税の軽減(対策)

相続税の軽減とは課税価格を下げることです。
簡単に申しますと、相続財産の評価を下げたり、債務控除額を上げたりすることです。

相続税が軽減されると、支払いの額が下がって現金の確保が楽になります。
すると相続人にとっても遺産分割が進んで、円満な方向に行きやすくなります。

しかし、注目されがちな相続”税”対策は、あくまで相続対策のひとつ。
相続全体から対策を検討することが大切なのです。

ポイント
・円満な遺産分割には相続人の関係が良好であることが重要
・相続税が支払えるように納税資金の確保を検討する
・相続税が軽減されると、結果的に遺産分割が円満な方向に行きやすくなる

←「延納と物納」へ
→「遺産分割の方法」へ

記事元:相続・贈与相談センター福山支部

相続トラブルパターンBEST3

「相続」が「争族」になる原因は様々ですが、代表的なパターンが3つあります。
当てはまる方は事前対策を取ることで、相続トラブルを未然に防ぐことができます。
もしかすると、あなたも相続トラブル予備軍かもしれませよ?

事例①「子どものいない夫婦の落とし穴」を視聴する

コメントを残す

*