UA-122228793-1
相続税について

延納と物納

「相続税の納税について」で説明した通り、現金一括納付ができない場合、「延納」という支払いの延期を許可してもらいます。

さらに延納が厳しいという方は、「物納」で有価証券や土地を国に納める方法をとります。

ここでおさえるポイントとして、延納には、利子税がかかることです。
現金一括納付で支払った人と平等になるよう利子税がかかるようです。

また物納は、財産の種類によって認められる順位が次のように設けられています。

・第一順位 国債、地方債、不動産、船舶
・第二順位 社債、株式、証券投資信託又は貸付信託の受益証券
・第三順位 動産

つまり、国債・地方債をもっているのに株式で物納する、という納税はできません。

←「評価額について」へ
→「円満な遺産分割」へ

記事元:相続・贈与相談センター福山支部

相続トラブルパターンBEST3

「相続」が「争族」になる原因は様々ですが、代表的なパターンが3つあります。
当てはまる方は事前対策を取ることで、相続トラブルを未然に防ぐことができます。
もしかすると、あなたも相続トラブル予備軍かもしれませよ?

事例①「子どものいない夫婦の落とし穴」を視聴する

コメントを残す

*