UA-122228793-1
不動産の相続対策

境界問題

相続財産である不動産の境界がもとでトラブル

が発生するケースは少なくありません。
公図や登記上では、しっかりと境界が存在していても、実際に現地に行ってみると、隣地との境界がまったく違うことも珍しくありません。

・隣の不動産が侵食している
・置石が崩れていて境界が不明瞭

といった場合があるので、注意が必要です。

問題の解決方法

境界がはっきりしない場合はどうすればよいのでしょう? 以下のような方法で解決にあたりましょう。

・境界確定の訴えを起こす
・土地家屋調査士に相談
・境界問題相談センターなど裁判外の紛争解決機関(ADR)に相談
・筆界特定制度を利用

どんな場合でも境界問題で困ったときは、相続の専門家に相談し、公正な立場で判断してもらうことが最善策といえるでしょう。

←「不動産の相続対策」へ
→「上手に売却するには」へ

記事元:相続・贈与相談センター福山支部

相続トラブルパターンBEST3

「相続」が「争族」になる原因は様々ですが、代表的なパターンが3つあります。
当てはまる方は事前対策を取ることで、相続トラブルを未然に防ぐことができます。
もしかすると、あなたも相続トラブル予備軍かもしれませよ?

事例①「子どものいない夫婦の落とし穴」を視聴する

コメントを残す

*