UA-122228793-1
不動産の相続対策

不動産の名義変更

土地の名義変更、建物の名義変更など

不動産に関わる名義変更に伴い心配なのが税金です。

安易な考えで名義変更をしたばかりに、予想もしない納税の請求が来たというケースも少なくありません。

ここでは、事前に知っていただきたい内容をご紹介します。


不動産の名義変更


土地、建物、マンションなど不動産に関わる所有者の情報は、

法務局に備えてある登記簿に記載され、一般に公開されています。
これは不動産の状況を透明化して、取り引きの安全と円滑をはかるためです。

不動産に関わる名義変更に伴い気になるのが税金です。
安易な考えで名義変更をしたばかりに、予想もしない納税の請求が来たというケースも少なくありません。

相続の場合、相続税。
贈与の場合、贈与税、不動産取得税。
売買の場合は、不動産取得税、登録免許税など直接的にかかる税金とは別に、その他にもいくつか税金の種類があります。

不動産取得税については、土地・家屋を取得したときに1度だけかかる税金です。

一定の条件を満たせば、不動産取得税の軽減が受けられます。不動産にかかる税金は、いろいろと種類があり、高額になることもしばしば。

ただ、税金の減額や免除など、事前に対策を講じれば節約することが可能です。
特に相続に強い専門家に相談することをお勧めします。

←「上手に売却するには」へ

記事元:相続・贈与相談センター福山支部

相続トラブルパターンBEST3

「相続」が「争族」になる原因は様々ですが、代表的なパターンが3つあります。
当てはまる方は事前対策を取ることで、相続トラブルを未然に防ぐことができます。
もしかすると、あなたも相続トラブル予備軍かもしれませよ?

事例①「子どものいない夫婦の落とし穴」を視聴する

コメントを残す

*